ワルシャワ杯(男子SP)など

ワルシャワ杯(男子SP)など

ダラダラとN杯のレビューをしている間に、山本君はポーランドに飛んで連戦です。もしかしたら、N杯の代打出場の前に、こちらの出場の方が先に決まっていたのかも。それでも精力的に試合をこなしていますね!リザルトは「こちら」で。

山本君。SPは「91.75」で1位。PCSは41.00。「4S 3A /3F+3T」。完璧でしたね。スケカナN杯、そしてこのワルシャワ杯と、どんどん調子を上げていると思います。冒頭の4Sは高さがありましたし、アクセルも良かった。SPのクワドは単発の4Sのみですけど、これだけの高品質な演技に対しては、やっぱり90点台を出してほしいですよね。

キスクラの茶髪のにーちゃんは、連盟の方?・・・いや、山田組のコーチの方ですかね。すごく仲も良さそうで、この辺りの人間関係からも、山本君の好調の要因が想像できます。

島田君。90.55で2位。PCSは41.80。「4S 3Lz+3T /3A」。実は、今季、島田君の演技を見るのは初めてです。彼も山本君に勝るとも劣らない良い演技でした。冒頭の4Sは高さがありましたし、かなり余裕を持って跳べている印象です。3Aの着氷は、確かに山本君のアクセルを見た後だと、「URとは行かないまでも、qがつくのもわかるかな」と、納得感のある判定。やはり、大きな大会になるほど、政治的思惑で判定基準が歪められるということなのでしょう。

帯同しているコーチはランビさんではないですが、演技の最終盤は、このコーチのオーバーアクションが気になって、島田君の演技が目に入らなかったです(笑)。熱血指導って感じで、いいんじゃないですか?

すでにGPフランス大会も開幕していますが、動画がちゃんと上がっているか微妙なので、後日ディレイで見ていきます。そして、藤井竜王が、来年1月から始まる王将戦七番勝負の挑戦者に決まりました。王将位を保持しているのは、渡辺明名人です。渡辺さんは、この夏に藤井棋聖に挑戦したものの、0-3で挑戦失敗でした。しかし、この王将戦は2日制で、「冬の2日制(冬将軍)と言えば、渡辺さん」とも言われているので、この番勝負は楽しみです。年明け早々から、また楽しみが増えました!

明日は、将棋のJT杯決勝のプレビューを予定しています。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. みつばち より:

    こんにちは 更新ありがとうございます

    すでに6日まえになりましたがNHK杯のEX行ってきました。
    NHKどうしちゃったの、って感じです。

    昭和40年代に東南アジアに駐在していた父は短波用の受信機を3台持っててNHKの国際放送を毎日聞いてたんですけどねえ。開発途上国は自国に都合の悪いテロ情報やクーデター等のニュースはやりませんから。

    海外渡航邦人安全情報は簡潔に、事実を伝えてくれるNHKが頼りでした。

    拍手の多かった順を独断で
    まず三浦佳生君ですねー背が高くてダイナミック。スピードもあって。

    以前Jun様が山本草太くんは美穂子コーチと相性がいいかもしれませんね、と言われてましたがほんと同感です。彼のいいところをうまく引き出してる振り付けだし、本人も楽しそうでした。

    マカール・イグナトフ EXでも臆せず4Tみせてくれる183センチの高身長でイケメン。

    松生理乃さん、この人も美穂子コーチ門下ですね。これから大技に挑むようで、ケガをせず頑張って欲しいです。

    ナム・ニューエン、生でこの選手をみるのはこれが最後かな、観客の多くもそう思ったようで、大きな拍手でした。

    坂本花織さん、やはりスピードがある。

    りく龍ペア、期待に応える感じで最初の女性をブン!って投げる技も危なげなくて。

    個人的にはアメリカのマディソン・チョック&エバン・ベイツ、スペイン舞踏をやってくれたサラ・ウルタド&キリル・ハリャービンそれにシニカツことビクトリア・シニツィナ&カツァラポフが印象に残りました。
    今年のN杯はなぜか「ダンス押し」ですねー

    イギリスのダンスペア、ライラ・フィアー&ルイス・ギブソンが演技に入るまえ、MCが
    「尊敬する高橋大輔と同じ場所で演技ができることを喜んでいる」とか言ってましたけどその情報いるーー?

    民放ならね、各方面に義理立てしなきゃならないし悪乗りというか物語つくるなきゃならんという謎の使命感で笑わせてくれるのもしょうがないけど、NHKまでそれですか。

    こんなEXは初めてでした。ショーにしても三流だわ。

    すいません、Jun様のお庭でアホなことを。

    • Jun より:

      みつばちさま

      たいへん貴重なレポをありがとうございます!臨場感たっぷりで、これを読んだだけで、現地会場でEXを観に行った気になりました(笑)。

      三浦君は、今回のN杯では本当にたくましくなりましたよね。男っぷりが増したと思います。あの年代の男子はあっという間に大人の顔になっていきますからね。

      イグナトフは、SPだけテレビでチラっと見たんですが、クワド安定していたと思います。もし、ロシアが「推し選手」としていたら、確実に2位だったと思いますね。しかも、かなり1位に肉薄するスコアで。

      シニカツの「シニ」の方は、フィギュア見なそうな人たちの間でも(ネット上ですが)話題になっていました。「なにこの美人?しかもなんでこんなに薄着?(←RDの黒の衣装のことを言ってるんでしょうが、いやいや、そういう競技なんで!)」という感じで。まぁ、アイスダンスは、シングルよりもはるかに、ビジュアルレベルもシビアに求められていると思います。

      私はアイスダンスはあまり見ないので技術的なことは言えませんが、ココ組にはいろんな部分で共感します。頑張ってほしいですね。