雑誌購入報告&雑談

雑誌購入報告&雑談

このTwitterのアカウントを作って6年ぐらいになるんですが、1300以上も「いいね」をいただいたのは初めてです。それぐらい、ゆづファンの皆さまは、心を痛めておられたんだと思います。

まぁ、4Loで着氷が乱れることは「覚悟」できていたんですけど、4Sでの踏ん張りに「あれ?調子悪そうだぞ?」と思い、3Lzがダブルに抜けたのを見て、明らかにいつもと状況が違う・・・この後、耐えられるのか?と心配になりました。その後は、意地でしたね。よく頑張りました。

四大陸選手権の出場は羽生さん本人が希望したとのことで、おそらく怪我は無いのだと思います。それが唯一の救いですね。そして、これから1ヶ月近く空きますから、まずはしっかり休養を取ってから、また練習を再開してもらいたいです。

羽生さんはもう前を向いて進んでいるわけですから、私も前を向くべく、しばらくは「読書」に勤しみたいと思います。上記4冊の他に、ジュエルズも読んでないし、マガジンの山口さんの単著も読んでないし、そもそも今季のマガジンはオータム号から全部読み直しておこうかなと思っているぐらいです。

MOIのチケットをお持ちのゆづファンの皆さまは、気持ちを奮い立たせて代々木に向かわれたのだと思います。でも、すばらしいクリスマスプレゼントになりましたね!私も映像を見るのが今から楽しみです。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. ととちゃん より:

    MOIのSEIMEIは素晴らしかったようですね。
    関西は今夜放送なので本当に楽しみです。

    全ての試合に勝つ必要はない、正に。しかも羽生選手はここ数年、最低で2位ですから、誰に恥じることがあるでしょう?
    先程、全日本の結果を報じるロシアの記事の内容を知りました。羽生、宇野…が世界選手権進出、とあり、順位の表記なし。世界での位置づけってその程度なんですね。
    そうだった、全日本は世選、四大陸派遣選手を決める大会であり、羽生選手は今度こそ文句のつけようのない形で選出された。そこに意義があるんだと、胸がスっとしました。

    junさんの、いつも、いつまでも羽生さんを信じているという言葉は、多くの人の胸に響き、共鳴されたのだと思います。私も羽生選手を信じ、来年もしっかり応援していくつもりです。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      MOIのSEIMEIは、かつてDOIで初披露した時の短縮版のSEIMEIの雰囲気もあり、でもまぎれもなく2019年の羽生結弦のSEIMEIでもある。

      おそらく、これから検証動画が上がってくると思うので、機会があれば細部まで味わって、また色々と意見交換したいですね。

      なんだかんだで、フィギュアスケートはオリンピックが最高の大会で、その出場枠に関係してくるワールドも大切な試合。いまの羽生さんは、この2大会にピークを持ってくるように調整すれば十分だと思うのです。おそらくそこはチーム内でも共有されているはず。まずはここまで怪我なく試合を消化できたことが収穫だと思いますね。

  2. みつばち より:

    こんにちは 更新ありがとうございます。MOI行ってきました。

    もうすでにご存知でしょうけど、まず入場するさい、プレボ渋滞がありまして、2階にあがるのに時間かかってしまいました。
    「プレゼントボックスの受付を一時中止いたします。休憩時間と閉演時に再度受付いたします」のアナウンス。

    どこで渋滞したのかはわかりますよね。

    とりあえず、プログラムを買いました。2千円です。試合のプログラムより500円高い。そもそもメダリスト・オン・アイスってEXだからプログラムって・・・・
    去年の大阪のラクタブドームでのMOIにありましたっけ?行きましたけど覚えてないです。

    小林芳子強化部長の「2019-2020シーズン前半を振り返って」折山淑美 取材・文が最初にありまして、まず羽生選手について「シーズン初戦のオータムクラッシックではこれまで見たこともないような回転不足判定もあり、本人も「ちょっと・・」というのもあったかもしれません。

    宇野選手についてランビエール氏がコーチについてくれたので安定を取り戻すことができてよかった。

    田中選手はもう少し気持ちを強く持って・・友野選手も。

    ジュニア勢の躍進について、鍵山君、佐藤君のポテンシャルに期待。

    女子は四回転にいどまなければ勝てない時代になりました。
    宮原、樋口、坂本選手には十分その力がある。

    ジュニアでは河辺愛菜、吉田陽菜選手は3Aを降りている。

    カップル競技ではりく龍、うたしんへの期待が書かれてました。

    それから無良崇人さんの最後の全日本での思い出、メダリスト・オン・アイスでの経験や思い、これからについて。

    全日本ジュニア上位男女3名の紹介。

    はい?これだけ?と思ったら美麗ケース入りだったんですが、MOI全出場選手のポートレートA4判が付いてきました・・・というか、こっちが本体な気がします。
    ジュニアだけでなくノービスの畑崎李果ちゃん、森本涼雅君も先輩方と同じ大きさです。

    羽生さんの写真はクリスタルメモリーの衣装でした。

    構成や企画は真壁氏です。勝手に納得しております。

    • Jun より:

      みつばちさま

      MOIのプログラムの内容についてシェアしていただき、心より感謝申し上げます。

      プレボの件は、まぁ、計画性の無い、行きあたりばったりのスケ連らしいといえばそうですが、現地の方々は本当にお気の毒でした。

      無良君はこの大会では本当に良い仕事をしてくれました。そういえば、男子フリーを自宅で生放送で観ていて、第2Gも無良君と新しいアナが担当していて、「この二人のままで高橋さんもやるの?」と思っていたら、いきなり何の予告もなく、「西岡&本田」に変わり、そしてカウンターも消えていましたね。

      真っ当な人間ほど「利用される」ということに虚しさを感じますが、だからこそ我々もしっかり彼の頑張りに注目したいですね。

  3. Fakefur より:

    Junさん

    日曜日から二日間、行動する気力がおきませんでした。

    仰るとおり、全ての試合に勝つ必要はないですよね。
    対戦相手によって、技の難度を下げ、手を抜く選手もいる中、羽生さんはそれを良しとしない。

    この三連戦を深刻な怪我なく乗り切り、渾身のパフォーマンスで、私たちを感動させてくれた、これだけも胸がいっぱい。
    過酷なスケジュールであっても、全日本出場は、羽生さんにとっては悲願だったことでしょう。

    個人的には、SEIMEIのバックのクロスロールが見れて嬉しかったです。丁寧なイナバウアーやハイドロキッシング、競技だとポイントになりにくくても、フィギュアはこういう彩の部分があるから、自分はこのスポーツに魅了されるのが、よくわかりました。

    どうか、疲れた身体と心を休めて、ご家族のそばでエネルギーをチャージして、健やかな新年を迎えてほしいです。
    羽生選手の心の炎が燃え続ける限り、私たちは応援し続けます。

    • Jun より:

      Fakefurさま

      「全日本はやっぱり全日本だった」と、いろいろ言いたいことはありますけど、怪我がなかったことと、日程と疲労の残り具合を確認できて、羽生さんにとって収穫もあった大会のように思います。

      まずは、4CCまでにどれだけ体調を戻せているか。高難度ジャンプの確率がどうなっているか。楽しみに待つとしましょう。