「KISS&CRY NHK杯2019総力特集号」

「KISS&CRY NHK杯2019総力特集号」

2019年12月19日発売。1,200円+税。

まずは購入済の雑誌を、年内に全て軽くご紹介しておきます。キスクラは、全日本の初日に発売されたので、ようやく中身を見たんですけど、GPFの内容がカバーされておらず、キスクラの特長である「意外性のある企画」のサプライズ度が、やや物足りない印象です。

「企画物」ということで言うと、ブライアンとハビのインタになりますが、ブライアンの方は目新しい発言は無し、ハビの方も特には・・・という感じ。

実は、羽生さん関連で興味深かったのは、山本君のインタなんです。N杯後に行われたインタなんですが、こんなエピソードを紹介してくれました。

――大会前日の11月21日に行われた記者会見では、羽生結弦選手からエールをもらっていましたが、大会中、羽生選手から得たものはありますか?

「演技は言わずもがなですが、やはり周りへの対応ですね。僕は自分に集中して、自分のことで精一杯になってしまう。でも羽生選手は自分に集中した上で、挨拶もしっかりできて、周りに気を配れる余裕がある。同じ場所でアップしていた時、水がなくて探していたら、羽生選手がそれに気づいてくれて、スタッフの方に水のことを聞いてくださって。本当にありがたかったし、『かっこいいなぁ』と思いました

――昨年共演したアイスショー『Heroes & Future 2018』では、「羽生選手と一緒に写真が撮れなかった」と言っていましたが、今回は撮れましたか?

「今回は、ツーショットも撮れました!(――SNSでは公開しない?)それは気が向いたら(笑)」

――バンケット(アフターパーティー)では、羽生選手の隣の席でしたね。

「羽生選手が気を使っていろいろ話しかけてくれたんですけど、緊張しすぎて何を話したか忘れちゃいました(苦笑)。プレゼントの抽選会があって一つ一つの席に番号が配られたのですが、僕のが羽生選手の誕生日(12月7日)と同じ127番で、羽生選手が『交換しよう』って。そしたらそれが当たったのですが羽生選手は『こんなところで運を使いたくない!』って(笑)、隣りの(横井)ゆは菜ちゃんに(当選権利を)あげていました。賞品がニンテンドースイッチだったんですけど、僕は昨年のNHK杯でもスイッチが当たって持っていたので…」

スイッチは羽生さん、持っているはずですが、「持ってるからどうぞ」と言わないところが、かっこいいじゃないですか。「水」の件も、私たちにとっては容易にそのシーンが想像できますが、でもやっぱり、さすがの気配りだなぁ・・・と、彼のファンをしていて誇らしい気持ちになりますね。

写真やポスターは相変わらず美麗です。比較的入手しやすい雑誌だと思いますので、書店で見かけたら、ぜひチェックしてみてください。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. ととちゃん より:

    草太くんのインタ、紹介して頂き、ありがとうございます!

    N杯、全日本と2戦 、羽生選手と同じ試合に出て、感じるところ、学ぶところが多かっただろうと思います。羽生選手の演技だけでなく
    普段の振る舞いもちゃんと見て、評価する姿勢に好感が持てます。全日本での印象も、また話してくれるかも知れませんね。楽しみです。

    色々あった全日本ですが、バックステージで羽生選手と他選手の絡みが見られたのは良かったな、と。羽生選手に「神対応」?があったことをツィートしている選手もいましたね。怪我なく終わり、仲間との時間を楽しめただけで意味のある大会だったかも、と今は思えるようになりました。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      逆に考えると、羽生さんのジャンプ含めた技術レベルがあまりに凄すぎて「ちょっと真似できない領域」と感じているのかもしれません。だからこそ、競技以外の部分に注目して、そこから学ぼう、という意識になっているのかも・・・。あくまでも私の想像です。

      でも、そのすべてを含めて羽生結弦であって、山本君や、あるいは駿君がしっかり受け継いで、さらに若い世代に継承していってほしいですね。

  2. マリィ より:

    こんにちは
    草太くんのインタいいですね。
    ご紹介ありがとうございます。
    私も一つのことに集中して色々な所に気を配るのは苦手ですので本当に素晴らしいです。
    先日の佐藤くんの記事もそうですし、気遣いやあらゆる事に気を配って神経が磨り減りそうですがいつも一部の隙もありせんよね。
    いつも表彰式で選手の方を向いて拍手してるのは羽生くんだけですよね。
    それだけでも気遣いを感じます。
    全日本は居場所がなかったらってドキドキしてたって言ってましたが、同期や後輩などなどみんなが暖かく迎え入れてくれて良かったですね!
    大変で疲れ切ったでしょうけど、先輩とも和解出来たし出て良かったなって今は思ってるんじゃないかな?って思います。

    • Jun より:

      マリィさま

      いわゆる「体育会」の世界では、外の世界から見れば「明らかに非常識な悪習」であっても継承されている所があります。

      羽生さんが、一部の先輩たちと「違う」のは、そういう所なんだと思います。

      やはり全日本という大会は、我々外野の立場から見ても、羽生さんがスケート以外の部分に気を回さなきゃいけないイベントですよね。4CCやワールドでは、おもいっきりスケートに集中してもらいたいです。