JGPスロベニア(男子フリー)感想

JGPスロベニア(男子フリー)感想

リザルト関係は「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。金曜深夜に行われたんですが、最終グループ前に奇跡的に目が覚めて、6人全員ライストで見ることができました。

島田君。デニス君はさいたまで「ラスト・サムライ」をやっていたわけですが、ランビさんはそれを島田君にやらせない所が、「日本人の気持ちをよくわかっててるなぁ」と感心しました。そして、このピアソラの「ブエノスアイレスの冬」ですけど、誰もが感じているでしょうが、ランビさんがこの衣装を着てこのちょっとキザな振付で演技をしているような錯覚をしてしまいます。もちろん、島田君がスイスに行く前は、ランビさんと共通するものなんて無かったはずで、だからものすごく努力をしているんでしょうね。

このフリー演技自体は島田君のベストパフォーマンスではなかったですが、今季の彼はとにかく「抜けない、コケない」という所が素晴らしい。単に背が伸びただけじゃなくて、身体が強くなったと思います。もちろんメンタルも安定しているから、崩れないのでしょうね。3位に入って、ポイントは24点。一戦目が220.45、この試合が212.95と、スコア自体はしっかり出しているので、おそらくファイナル進出は大丈夫でしょう。ランビ先生、バンクーバーのファイナルには来てくださいね!

ダニエリャン。顔の濃さもあって、「ハビっぽい!」という意見を見かけたことがあるんですが、でも、そもそもハビは14歳の時からこんなにすごかったの?という話ですよね。この選手のプログラムは、つなぎは濃いし、ジャンプのランディング後の動きも滑らかで、とにかく完成度が高い。というより、すでに完成されていると言ってもいい。

ショートの時にも感じたんですが、本来難しいはずの動きをあまりに簡単に淡々とこなしていくので、緊張感というか起伏というか、メリハリが無いように見えてしまうのです。ものすごく贅沢な要求ではありますが・・・。だからもう、彼の場合はさっさと4回転を跳んで、「ダイナミズム」の部分をジャンプで表現するしか無いように思います。凄い選手なんだけど、ハラハラ感がほしいなぁ・・・。ミスらしい所は3連コンボの部分だけなので、141.19というさすがの高得点。ショートの出遅れがなければ表彰台でしたね。次戦も出場するようなので、楽しみです。

コンラッド君。ダニエリャンとあまりに対照的なスケートで、ライストで見ていてビックリしました。とにかく根性・根性・根性という演技。クワド2本、3Aを2本着氷して、見事な内容ではあるんですが、他のジャンプを堪えすぎていて、コツコツジワジワ減点されてしまいました。

島田君に0.01点及ばず4位というのは、これがいわゆる「忖度採点ですか?」なんて見られてしまいそうですが、でも、コンラッド君自身が一戦目から頑張らないと(4位)ダメですよね。キスクラでバーケルコーチが笑ってましたね。

グメンニク。コンラッドからのロミジュリ2連発です。カナダ大会で決めていた、3A-3Loはセカンドで乱れましたが、ミスらしいミスはこれと3連コンボのセカンドのURぐらいで、安定していますね。

ダニエリャンと何が違うのかな?と考えながら、プロトコルを見てみました。すると、けっこう特徴が出ています。グメンニクはスピン・ステップすべてレベル4を揃えていて取りこぼしなし。一方、ダニエリャンはショートに続いてステップはレベル2で、スピンもレベル3がある。しかし、ジャンプの加点ということだと、ダニエリャンの方が圧倒的に優っている。フリーのスコア自体は141点台で僅差なんですけど、どっちもスケーターとしてのタイプは似ているので、やはり専門的な知識が無いとこの辺りの判別は難しいようです。

樋渡君。カナダ大会はオータムよりも前だったのですっかり忘れていたんですが、なんだかOriginみたいな衣装で親近感が沸きますね。そして、ロシアの2人の若手選手を見た後だと、やっぱり全然違いますね。ロシアの二人はけっこう細かく振付が決められているのに対して、樋渡君はもう少しアバウトというか、スケーティングの滑らかさと、彼の場合は身体の柔軟性を生かした技を配置して、あとはガツンとジャンプを跳ぶと。タイプ的にはジェイソンのような方向性を目指しているのかな、という気もします。

ただ、もう少しジャンプの助走が短いとなぁ・・・と。そう考えると、同じアメリカという括りでいえば、プルキネンの方が巧いなぁとは思います。あと、細かいミスが必ずある選手なので、そこがきっちりコントロールされると、ファイナルの表彰台も見えてきますね。現状では、グメンニク、来週登場するモザレフ、そしてプルキネンの力がちょっと抜けていると私は見ています。

ゴロニツキー。ショートの3Aの素晴らしさには度肝を抜かれましたが、どうもこの選手は2本揃えられるような気がしなかったので、やはりフリーは苦労しましたね。ただ、このメンバーの中で最終グループに残って、しかも最終滑走というのは本当に立派です。本人も自信と手応えを得たんじゃないかと思います。

明日は女子の方を・・・。結果は残念ではありましたが、しっかり見ていきたいと思います。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. ととちゃん より:

    今季は本当にロミジュリが多いですね。
    立て続けだとジャッジも若干飽きるのでは?と心配します。

    個人的にはコンラッドよりグメンニクの編曲と振り付けが好みです。特に後半がいいなと思いました。
    で、樋渡くん、ここに来て衣装に既視感が…(笑)。彼の演技はダイナミックでいいですね。

    そして高志郎くん!やりましたね!ファイナルは運次第かと思っていましたが、大丈夫そうなんですね?ランビ先生が高志郎くんと一緒にリンクサイドで飛び跳ねる様子を是非見てみたいです。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      コンラッド君を見ていると、もう肉弾スケートというか、とにかくジャンプを跳ぶことでいっぱいいっぱいで、そんな彼にクワドを2本跳ばせるというのは、バーケルコーチのアイデアなんでしょうか?ゴゴレフ君もブライアンというよりはバーケルコーチがメインのように見えます。

      一方、ジュンファン君や羽生君はブライアンで、それは演技を見ていてもはっきり分かりますが、クリケットもかなり大きくなってきて、ブライアンがタッチしていない選手も相当数いそうです。

  2. sennin より:

    今回の男子はレベルが高かったですね。あとやはりロシアのジュニアが強敵?ロシアには10歳の選手対象の試合があって、たまたま動画でみたら優勝した子、日本の男子ではあり得ない技術と表現で、つまりノービスにも沢山控えているのでは?と思ってます。

    ダニエリャン、確かに一寸ハビに似てるかな?2018のワールドで銀メダルをとりませんでしたかね?

    私も、またロミジュリ?って感じました。女子も多いですけど演じやすいんでしょうか?

    島田君は体幹強化したんでしょうね。頼もしいです。海外生活で苦労されたでしょうが成果がでてよかった。それにしてもあの可愛いかおで挨拶の時の怖いこと、笑っちゃいます。GPF進出がどうなるかとそればかり考えています。ロシアとアメリカでは、女子と同じでは?日本も入りますように…。実力的には高志郎君で。

    • Jun より:

      senninさま

      おっしゃる通り、ダニエリャンは今年の世界ジュニア銀の選手です。優勝はシニアに転向した同じロシアのイェロホフでした。

      島田君については、ホント、語りたいことがたくさんありますよね。パフォーマンスがよくなったこともそうですが、以前ご紹介した合宿インタでの受け答えの滑らかさもそうですし、この試合でいうと、個人的に「前髪の長さ」もポイントだなと思っています。

      日本にいたら、「邪魔だから切りなさい」と大人たちが言いそうですが、おそらくランビさんが髪の長さまで「指導」しているような気がしてなりません。ええ、もちろん、個人的願望ですよ。

      てか、日本のフィギュアスケート「文化」に不満なのは、選手の「キャラクターイメージ」作りに鈍感な所なんですよね。衣装もいわゆる「ジュニアっぽいもの」を着せられて、とにかくジャンプさえ跳べればいい、と。「チャラチャラ髪型を気にする暇があったらジャンプの練習してろ!ロシアに勝てないぞ!」とケツを叩かれているに決まってるんです。男子だけでなく、もしかしたら女子も似たようものかもしれません。

      その他にも、某大会の結果を見ても、いろんな古いしきたりや同調圧力が根強く残る閉鎖的な世界だというのがよく分かりました。若い選手はどんどん海外を目指してほしいですね。