スポニチ・報知プレーバック企画(4/6)

スポニチ・報知プレーバック企画(4/6)

スポニチは今日でラストです。今回、写真のクレジットは小海途さんのみなので、すべて「神」撮影によるもの。4CCのSEIMEIの巨大ショットは、さすが!の一言です。さあ、報知の矢口神は、SEIMEIをどんな写真で応えるのか・・・いまから楽しみです。

報知はスケカナです。このOriginが未発表ショットだったとは信じられません!たしかに、スポーツ新聞はまずは新聞紙上で、そして今だとネットニュースで写真を見ることの方が多いですが、でも、そもそも実際に採用される写真の数はめちゃくちゃ少ないんだよな・・・と改めて感じました。

試合翌日のスポーツ紙を買ってみても、「羽生頼み」とは言え、MAXでも4~5面まででしょう。しかも、スポーツ紙の性質上、あくまでも「アスリートとしての羽生結弦」にフォーカスしたものが選ばれることを考えると、今回のショットが「お蔵入り」になったのも仕方ないのかなと。

というわけで、スポニチが「YUZU’LL BE BACK」を出せたのだから、報知にできないわけがない。ぜひ写真集の発行を実現してほしいものです。羽生さんの出場する試合にすべて足を運んでいる高木記者&矢口カメラマンだからこそ、それは「使命」だと思ってぜひ実現していただきたいところ。

今回のテキストは、少しを「余韻」を感じさせるものでした。

初戦のオータムクラシックで得点が伸びずに自問自答した。

「自分がやってきている道が本当に正しいのか」。

前後に難しいステップを組み込み、曲中の音に合わせて跳ぶ。羽生にとって、ジャンプは表現の一部。評価されたことに安堵した。

「今回の試合で、自分がやってきたことが少し肯定された感じがした」。

美の追求は続く。羽生が羽生であるために。

オータムのOriginに対するあまりに酷い誤審に、世界中のゆづファンが激怒し、検証動画もたくさんアップされました。

もちろん、立場上「誤審」と書けない「裏事情」があるのでしょうが、羽生結弦が羽生結弦であるために、「ブレるな!」という、高木記者の静かなエールを感じます。

また、このスケカナでは322.59点が出ましたが、320点超えはヘルシンキワールド(321.59)以来とのこと。ヘルシンキの時のフリーは要素が一つ多いので単純比較はできないですが、でも、このスケカナは、SPはノーミス、フリーも冒頭の4Loで若干グラついただけでしたから、やっぱりスコアは抑えられているな・・・と。それで、トリノGPFのネイサンに335.30でしょ?もう嫌になっちゃいますよ。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. おの より:

    私もどちらも買いました
    ま、明らかに羽生くんファンに買って欲しいお写真ですね
    内容は分かってる事なので、サラッと読みました
    そうなんですよね…
    ネイサンの332.30
    どこを見たらこんな高得点なのか謎です
    そんな凄い点数なのてますから、ここがこう凄いと解説して欲しいですね
    しかし、日本がコロナで大変な時にメドさんなぜ来日したのか?
    興行主は呼んで無いとか?
    勝手に来てしまったのかしら
    誰がサポートしてるのか分かりませんが、ほんと迷惑な事です

    • Jun より:

      おのさま

      335.30です。もう、日本の芸能界でよく見る、大手芸能事務所によるゴリ推しと何が違うのか?という話ですよ。

      こういうことをやっているうちは、フィギュアスケートは厳密な意味でスポーツの名に値しない。もちろん、一番辛いのは羽生さんだと思いますが、だからこそ私は、しっかり彼のスケートを見届けて、彼の下す決断を支持したいと思っています。

      メドちゃんが本当に来日しているとはビックリでした。タイミングとしては本当に最悪で、彼女自身もそうですが、周りの人間は何やってんだ?と。

      正直、いまの日本は、スケートどころの話ではないので、おそらく彼女と彼女の周囲の独断かなと思います。すぐに帰国した方がいいと思うけどなぁ・・・。

  2. ととちゃん より:

    小海途さんの写真はもちろん素晴らしいのですが、今回は、報知の、高木さん書き下ろしに興味がありました。

    でも、全然買えてません(涙)。

    報知も、スポニチみたいにセット売りしてくれないかな、と他力本願状態です。

    そうこうしているうちに、ジュエルズの内容が分かり、早速注文しました。羽生選手の超最新インタのようで、待ちきれません。junさんのレビューも、楽しみにしています。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      セット売りになるかどうかはちょっと分からないですが、矢口さんのツイによると、報知は「発売日から2ヶ月分」はバックナンバーの販売を行っているとのこと。詳しくはそちらをご覧ください。

      来週発売のジュエルズは大注目ですね。こんな状況なので、アマゾンにすべきか、書店で購入すべきか。どこが最速かつ確実なのか悩ましいです。