羽生結弦展続報&雑談

羽生結弦展続報&雑談

予想通り、羽生結弦展のグッズが販売されるそうです。前回はキューピーちゃんがたいへんな人気でしたが、あれに匹敵する目玉グッズの販売はあるんでしょうか?受注生産ということなら、生産拠点が稼働しないということはないでしょうし、コロナの影響がどれだけ出ているかは気になります。クリファと写真集だけだったら、ちょっと悲しいなぁ・・・。

世間的には聡ちゃんファンが多いんですが、将棋愛好家の間で、木村王位(おじおじ)の人気も凄いんですよ。将棋も強いが、解説の面白さ・トークの軽妙さも将棋界随一。たぶん、藤井君が47歳になってもこういうトークのできる棋士にはならないと思います(汗)。

てか、30歳差ということは、30年後の藤井君の将棋を、私は生きて見ていられるかな・・・と、そういう意味では長生きしなきゃ!と思います。

棋聖戦挑決の永瀬戦、棋聖戦第1局の渡辺戦、そして今回の王位戦挑決の永瀬戦と、タイトルホルダーとの重要対局がこの6月だけで3局ありましたが、内容と勝ち方に余裕が出てきていると感じます。まったく浮かれたり、緩んでいない所が、この子の凄さですよ。

7月も重要対局目白押しです。特に、王位戦はこちらの「スケジュール」にある通り、豊橋→札幌→神戸→福岡→徳島→神奈川→東京と、全国縦断です。しかも、第7局まで行けば9月末まで続くので、かなりの長丁場。

藤井君が王位を獲る頃には、羽生さんの新プロも発表されて、オータムクラシックも開催されている頃でしょうか?いろいろ楽しみがあって、毎日充実しています。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. Sennin より:

    昨日は将棋チェックしてましたよ。どなたかの王位戦を発進してくれるブログを見てました。私のように用語自体がわからない人間には良かったです。
    永瀬二冠が優位のような雰囲気の中、あと10分となって厳しいなあと思っていたら
    金がどうのこうので驚くことをしたらしいですね?
    そして勝ちました。ビックリしました。将棋というものは奥が深いんですね?藤井七段の頭の中はどうなっているのか?と思っちやいます。

    必ず対戦相手には敬意を示し、どういうところが勉強になったかとコメントしてますね。
    TVも藤井くんが勝つとワイドショーで放映するようで今朝は木村さんのどこが凄いか?と
    やってる番組もありました。
    これから長いそうで大変ですね。

    因みにお昼とおやつは2人とも同じものを食べたみたいでそれが美味しそうだった(^.^)

    • Jun より:

      Senninさま

      いやぁ、ABEMAの中継を見ていただいて、残り時間や形勢表示などをご覧いただけているなら、すでに立派な「観る将」だと思いますよ。

      この王位リーグはもっと厳しい対局があって、ファンの99%が「藤井負け」を確信したのが、稲葉八段戦。

      途中で持ち時間が3時間差ついていて、しかも、最終盤は、稲葉さんが85%で残り1時間、藤井君残り5分という絶望的状況で、奇跡の逆転が起こりました。

      あれは3月の対局でしたが、あの修羅場をくぐったことで、いまの快進撃があるのかなと思っています。