サンバリュ(2020.7.19)

サンバリュ(2020.7.19)

番組自体は捕獲できました。他の選手の映像もチラっと見たんですけど、バスケの八村選手のセレブな自宅とか、まぁ、アメリカ在住のプロスポーツ選手はあんな感じですよね。

そういう意味で、羽生さんの「プライベートや私物」と言えば、イヤホンぐらいですから、本当に謎に包まれていると思います。藤井棋聖ですら「本棚」だったり、アベマで4月30日に放送されたオンライン対局企画「おうちでアベマトーナメント」で、「自室」が写っていましたからね。

さて、この番組では、2年前の8月、つまり平昌五輪で金メダルを獲ってからの、楢葉町訪問の際の「未公開映像」が使われていました。印象的だったのは、羽生さんが子供たちの前で自分の「心の支え」について、こう語っていたんですね。

プルシェンコ選手に憧れて、僕はスケートを頑張ってきました。

自分の好きなヒーローとか、憧れている人とか、正義の味方とか、そういう力を自分でも持っている。みんなが正義の味方だから。

正義の味方になるためには、いっぱいいっぱい勉強して、いっぱい苦しい思いをしたら、絶対強くなるから。頑張ってください。

羽生さんの言う「苦しい思い」というのは、アスリートとしての「自己鍛錬」に留まらない、はるかに重いものをいくつも背負ってきたので、我々ファンからするとズシっと来ますが、まぁ、この子たちがそれを知る必要はないでしょう。

他にも、小学校低学年時代、女子に投げ飛ばされたりぶつかられたり、プリントを提出しなくて、家庭訪問で担任から小言を言われたとか、その辺りのエピソードも、初めて知りました。日テレさん、まだまだ隠してるしょ!と。例えば、去年の厚真町での映像は、まだまだあると睨んでおります。

そうそう、この番組のMCを担当していた満島真之介さんといえば、私の愛する漫画『キングダム』の「実写版」で重要人物の役を演じていました。

(へき)という武将で、満島さんはちょっとカッコよすぎますけど、役自体は原作のキャラに忠実な演技で、次回作でも登場すると思います。

コミックスは58巻まで出ていて、まぁ、間違いなく100巻は超えるでしょう。アニメは第3シリーズまで来ていて、コロナで一時中断。そろそろ再開されるはず。実写も本当によく出来ています。

私はもう、梅雨が明けて真夏になろうが、3月以降と変わらず自粛モードを継続しますので、コミックスをまた読み直そうかと思っていますよ。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. Sennin より:

    本当にもっと秘蔵がありそうですよね?いつ出してくれるのかなあ?結弦くんはヤンチャでお友達にチョッカイ出すのが未だに見れることがありますが、だからお姉さんたちにドーンてやられてたのでは?年齢関係なく泣かされるのにまた向かって行ってたというのは都築先生がコメントしてますもんね。シニアに上がった頃は真央ちゃんにも怒られてる映像みたことありますよ。興味のある人にちょっかい出して怒られると言うパターンですね。お姉さんたちに投げ飛ばされてたのはリンクでしょうね?学校で学年超えてっていううのは考えにくいですもんね。ただ、結弦くんの話は半分でしょうね?自分は提出物も忘れない優秀な子供だったなんて言わないですよね?皆んなとおんなじだよって事だろうと観させてもらいました。

    • Jun より:

      Senninさま

      提出物の件は、いつもというわけではないと思うんですよね。むしろ、日頃ちゃんと出している生徒がたまに出さないと、ここぞとばかりに指摘してくる教師はいるかもしれません。あー、やだやだ。

      日テレの24時間は、8/23-24で日程は決まっています。おそらく実施になるとは思いますので、羽生さんがどのように関与するのか楽しみにしたいと思います。