SOI横浜振替など雑談

SOI横浜振替など雑談

一日遅れのご紹介になりますが、SOI横浜公演の振替日程が発表されましたね。赤枠で囲みましたが、ちょうど1年後に同じ横浜アリーナで振替公演を行うとのこと。もし、チケットの払い戻しをしたい人は、「今年の12月31日まで受け付ける」そうです。

肝心の出演スケーターについては、まずは、今回の出演予定者と「調整をする」という話で、払い戻し日までに「第一弾発表を間に合わせたい」そうです。第一弾に羽生さんを間に合わせたら「神」ですが、まぁ、常識的に考えて、第一弾はプロスケーターのみかなと思います。私は、よほどの予定が入らなければ、羽生さんが出られなくても見に行こうかなと思っていますよ。

最近、「高島屋の羽生結弦展からちょうど2年!」というツイを見かけまして、私も朝から日本橋で並んだことを思い出しました。当然ですが、当時コロナの「コ」の字も無く、長時間大人数で密集させられましたね。

その数日後、CiONTUが武蔵野の森で開催されます。日本橋高島屋に比べて、物販の混雑はかなりマシになっていました。この松原孝臣さんのCiONTUの振り返り記事は、羽生さんが偉大な先輩たちのスケートを継承し、そして羽生さんのスケートも、佐藤駿君をはじめとした後輩たちに確実に継承されつつある、という主旨の内容です。たしかに、19-20シーズンは、駿君や鍵山君の躍進が鮮烈でした。おそらく二人はシニアに昇格しますが、日本のシニア勢もうかうかしてられないですね。

しかし一方で、19-20シーズンは、羽生さんがOtonalとOriginに別れを告げたシーズンでもありました。リスペクトだけじゃ勝ちきれない。特に、4CCのバラ1での「自信に満ち溢れた演技」は印象的で、やはり、自分の慣れ親しんだプログラムじゃないと、あの羽生さんでさえ、覚悟を持って思い切り行けないのだなと。

このような「羽生結弦の激闘の歴史」も、語り継がれていくことでしょう・・・。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. みつばち より:

    こんにちは 更新ありがとうございます。

    SOI横浜SOIは木曜日のチケットもってます。珍しく前列から3列目が当たりました。
    でも来年開催できますでしょうか・・・?

    なんか釈然としないやり方です。SOI八戸はすっぱりと払い戻ししてくれたのに。
    TBSとIMGですよね?どっちも大手だけど、いやそのせいか傲慢だわーーと思いました。

    • Jun より:

      みつばちさま

      おっしゃる通りTBSが関わっていることもあって、横浜アリーナも押さえられたのかもしれません。

      しかし、何と言っても1年も先の話で、コロナもどうなっているのか分かりません。まずは、平穏な日々が戻ることを祈っています。

  2. ととちゃん より:

    リスペクトは、前に進む力になるかも知れないけれど、それだけでは勝てないわけですね。

    Originは繋ぎが濃い分、ジャンプのタイミングを取るには難しかったのかと。でも、リスペクトプロだから省くことなんて考えられなかったのでしょうね。素人目には素晴らしいプロでしたが、プロ変をオーサー自ら提案した程、傍で見ていて ハマらなかったのでしょう。ジュベールも、ゆづのような感じがしなかったと言ってましたね。

    ただ、そこで最後の切り札があるのが強みですよね。
    多分、今後SEIMEIを滑ろうとする選手は、出現しないのではないかと思います、怖くて。
    それほどにSEIMEI=羽生選手であり、そういう持ちプロを持っている強さを感じさせられたシーズンでもありました。

    SOI、延期とのこと。次シーズンは確か国別があったと思いますが、日程は未定ですよね?それによって、羽生選手が出演するかどうか決まるのかな、と推測しています。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      今回のジュエルズのインタと総合して、なるほど・・・「切り札」として残しておく、ということなのかもしれません。

      国別のことは、まったく忘れていました。日程も場所も、まったく未定ではないかと。ここまで先行き不透明なシーズンは本当に初めてですね。今度のワールドは五輪の枠にも関係しますし、どうなっちゃうのでしょうね・・・。私には分かりません。