藤井二冠、本日対局!(叡王戦第五局)

藤井二冠、本日対局!(叡王戦第五局)

本対局のABEMA TV 将棋チャンネルの放送は朝8:30から「こちら」で。

王位戦(七番勝負)の方は、藤井王位が4-1のスコアで防衛。そして、ほぼ同時並行で行われてきた叡王戦(五番勝負)は、2-2の五分のスコアで、ついに本日、最終決戦となります。泣いても笑っても今日で終わりです。

藤井二冠が勝つと、藤井聡太三冠(王位・棋聖・叡王)の誕生です。藤井さんは7月に19歳になったばかりなので、もちろん、将棋界の三冠達成の最年少記録です。これまでの三冠最年少記録は、羽生善治九段の22年3ヶ月でした。

もちろん、豊島さんもタイトルを奪われるわけにはいきません。豊島さんが挑戦者だった王位戦はスコア的には大差となったので、ここは死に物狂いで襲い掛かってくるはずです。

一方で、10月から始まる竜王戦七番勝負の挑戦者は、これまた藤井二冠に決まって、金曜日にそのポスター用の写真撮影が行われました。読売といえば若杉さんですが、彼はこちらの写真撮影に立ち会ったものの、撮影者は別のカメラマンのようですね。

しかし、豊島さんがもし叡王を失い、竜王も失ってしまうと、「豊島九段」になってしまいます。これだけは何としても避けなきゃいけない。

まずは、この叡王戦第五局、お互いがとっておきの研究をぶつけてきてのバチバチの勝負になりますので、ぜひお時間のある時に、アベマの方でご視聴ください。

「どうせ藤井くんが勝つんでしょ?」と思っているあなた・・・いやいや、豊島さんの研究が炸裂すれば、藤井二冠と言えどもコロっとやられても不思議じゃないので、私もまったく勝敗は読めません。楽しみでもあり、怖くもあります。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)