藤井三冠、本日対局!(B級1組順位戦)

藤井三冠、本日対局!(B級1組順位戦)

ABEMAトーナメントでは「チーム藤井」が見事に優勝を果たしましたが、藤井三冠の過密日程は続きます。土曜日にアベトー決勝の第7局でも直接対決をした木村一基九段との順位戦です。放送は、月曜の朝9:30から。チャンネルは「こちら」で。

藤井三冠の中で、最も優先しているであろう棋戦がこの「順位戦」ではないかと思われます。それは、最年少名人位獲得の道がこの順位戦の先にあり、まず今期このB級1組を突破し(上位2人がA級に昇級)、来期はA級で1位を取って、渡辺明名人に挑戦。そして、2023年春の名人初挑戦で即奪取しないと、谷川浩司九段の持つ21歳2ヶ月という最年少記録を超えることはできません(*藤井三冠は2002年7月19日生まれなので、1年たりとも足踏みは許されません)。

現在、B級1組を5勝0敗でトップを走るのが佐々木勇気七段。藤井三冠は3勝1敗でこの木村戦を迎えます。佐々木七段とはまだ直接対決を残しているとはいえ、もうこれ以上1つも負けられません。

ちなみに、名人と並ぶ将棋界最高峰タイトルの竜王挑戦も藤井三冠は決めていますが、竜王獲得の最年少記録は羽生九段の19歳2ヶ月なので、この記録の更新は不可能となっています。

2回目も日曜日に無事に接種してきました。今回は少し遠出をしまして、会場は、元々は空き地だった所に「ワクチン接種センター」としてプレハブで造られた施設でした。日曜日ということで子どもも多く、つまり、1回目の接種者と2回目の接種者が混在している感じでした。同じファイザーのワクチンを打つので、そりゃ、できるといえばできるはずです。

マスコミはあれこれ言ってますが、この感じだと、年代関係なく10月中には希望者が2回打ち終わることになるように思われます。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)