タリントロフィー(男子フリー)感想

タリントロフィー(男子フリー)感想

リザルトは「こちら」で。雑誌はまだ出ませんし、ファイナルもまだ先ですから、ゆっくり振り返っていきます。

コフトゥン。フリーは166.64の1位。合計247.55で優勝。フリーはご存知の「カルメン」なんですが、エテリ組もビックリのやたら忙しい編曲で、この無頓着さもまた最近のロシアのトレンドなんだよなぁ・・・と。

3クワドに3Aを2本の構成で、たしかにミスはあったんですけど、今季のGPシリーズに出場していたら、台乗りしていてもおかしくない水準だと思います。例えば、クワドや3Aでパンクの多いコリヤダと比べたら、「確率」という点ではまだまだ第一線で十分に戦えるジャンパーですね。

ヴィンセント。フリーは156.79の2位。合計234.25の2位。ジャンプ自体は高いので、一見すると成功しているように見えるんですが、おそらくジャッジは、着氷時の足首の角度を見て「回りきっていない」と判定しているんだと思います。

ただ、クワドを2本に留めている点がポイントですね。それで良いと思うんです。今はなるべくプレッシャーのかからない状況下で、ジャンプの矯正と演技のクオリティを高めることに努めてもらいたい。ジャンプのセンスはある人ですし、細身の体型にも恵まれています。この選手は北京五輪こそがキャリアのピークになるはず。焦る必要はないので、じっくり課題に取り組んでほしいですね。

シュレポフ。フリーは149.44の3位。合計230.30の3位。「グラディエーター」ですね。クワドレスの構成なので、危なげなくジャンプを決めていってる感じでしたが、3連コンボで乱れた後、ミスが出てしまいました。

ただ、ジャンプをキレイに回ってキレイに降りるスケーターという印象なので、なぜ4回転を入れないのか不思議です。彼よりも力任せに跳びにいく選手が当たり前のようにクワドに挑戦しているので、スパっと決めそうな雰囲気はあるんですけどね。

ハイラペティアン。フリーは148.50の4位。合計209.58の4位。ショートの11位から一気に4位まで順位を上げる健闘ぶり。アルメニアの22歳の選手で今回初めて見たんですが、まず何に驚いたかって、彼の日本語版のwikiのページがあり、世界選手権や世界ジュニアに何度も出場しているのでした。

そして、冒頭の3Aがめちゃ高い!思わず、ヘンな声が出てしまいました。3連コンボのシングルオイラーのUR以外は、クリーンな演技で、GOEはすべてプラスです。そりゃ、7つも順位を上げるはずです。3T-2Aのシークエンスジャンプもバッチリ決まっています。終盤のコレオシークエンスまでよく身体が動いていました。本人も演技後はガッツポーズで、こちらも素晴らしい演技を見られて気分がいいです。この動画はオススメです。

サヴォシン。フリーは133.74の5位。合計205.24の5位。クワド3本に3Aを2本の難構成ですが、このようにミスを連発すると、クワドレスのシュレポフやハイラペティアンよりもスコアが伸びません。今季のルール変更の影響がモロに出ましたね。

GP(JGP)シリーズの上位を狙えるような選手は高難度ジャンプを組み込んでくるために、大量失点のリスクとつねに隣り合わせ。そこに来て、クワドレスの選手が質の高い演技をすれば評価されるというのは、またこれはこれで、勝負の行方が分かりにくいという意味では、面白いですね。

ところで、私、P&Gのトークショー(Aコース)が当選いたしました。来年の5月末なのでまだ先ですが、何が何でも行かなきゃならない大イベントなので、それまでに、体力増進・健康維持に努めたいと思います。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. おの より:

    わ~~!
    おめでとうございます!
    羨ましいです(^o^)
    是非感想を聞かせて下さい!
    あ、まだまだ先でしたね(笑)

    しかし当選した方、沢山いますね
    狭き門のはずですが、続々届いてるとの呟きがあり、我が家にも来るかと思っていましたが残念でした。

    羽生くんからjunさんにクリスマスプレゼントですね
    良かった良かった。(#^.^#)

    • Jun より:

      おのさま

      送られてきた書面には「Aコース当選おめでとうございます」とあるんですが、そんなに簡単に当たるはずがないと思っていたので、「実はBコースでした」の可能性の方が高いと見ています。こっそり書面が「再送」されてくるのか、HPでアナウンスされるのかはわかりません。

      まぁ、P&Gさんも、ファブリーズの「ロハコ限定品」の件でヘタ打った「前科」があるので、覚悟はしています。ただ、そもそもBコースですら当たるのは大変なので、私は喜んで行くつもりですよ。

  2. ととちゃん より:

    コフトゥン、フリーも1位だったんですね!
    クワドも、ミスはあったけれど降りているし
    junさんが仰るように今年GPSでも戦えるレベルですよね。結果次第ではファイナルも射程圏内だったかも知れません。リーザの例もありますし、ロシアナショナルで 是非存在感を見せて欲しいです。

    そして、Aコース当選、おめでとうございます!当たるべき人に当たるんだなぁという印象です。junさん目線のレポ、今から楽しみにしています!

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      GPシリーズのアサインは先シーズンの活躍がベースになるわけですが、その好調を新シーズンも維持することの方が難しい、そんなことを痛感させられる今季シリーズだった印象です。

      コフトゥンは本当に調子は良さそうなので、おっしゃるように今季のリーザのように、来季復活を見せてくれるかもしれません。このタリントロフィーは、シーズン中盤の試合なので、いわゆるシーズン前の他のCSよりも出場選手のパフォーマンスも良くて、会場はガラガラですが、けっこう楽しめる試合ですね。

      今晩女子のレビューもアップするつもりですが、そちらもハイレベルな演技がありました。

  3. 名無しの猫 より:

    当選、おめでとうございます!!
    Aコースだったらいいですね。でもBコースでも・・・
    私はかすりもしませんもの。

    memorial、予定では今日が発売日だったと記憶しており、本屋さんに行ってみましたが、
    ありませんでした。

    私の記憶はあてになりませんが、通信ロシア杯とキシリボトルが明日のような気がしたの
    で、明日リベンジです。
    羽生手帳でも作らないと、本やキャンペーン含め、何がいつか、わけわかめです。

  4. 名無しの猫 より:

    追伸

    ブログ巡りをしておりましたら、問い合わせをしたブロガーさんがいらして、
    訂正の通知発送の手配をしているとのことです。

    Aコースの当選者には通知はいかないそうです。
    届いてる通知のアルファベットの組み合わせでAかBかわかるみたいですね。

    まだ先ですが、レポお待ちしております〜。

    • Jun より:

      名無しの猫さま

      まとめてこちらに。

      送られてきた書面のコードを見ると、おそらくBコースのようなので、訂正通知がこれから届くと思います。

      私としては、当日の他の予定との兼ね合いで、幕張だったら時間的にギリギリだったので、近所の映画館でのライブ・ビューイングの方が助かりました。「Aじゃないからガッカリ」ということはまったくないので、楽しみですよ。