「マガジン」5.18発売!

「マガジン」5.18発売!

ワールドが中止になったし、正直今年は無理かなと思っていたんですが、出してくれますか!ただ、試合取材無しでどうやって誌面を作るのだろうと?・・・と不安もありつつ、でも、表紙の見出しを見る限り、いろいろと工夫がありそうです。

表紙に並ぶ文字から、勝手に内容を予想してみることにしました。

(1)写真と発言で振り返る名・珍場面→「名場面」はわかるんですが、「珍場面」って何でしょうか?マガジンは、基本的には、試合での囲み取材・プレカン、そしてタイムスパンを長く取るならトロントメディアデーも、その取材現場です。「珍」なんて思い当たりません。「未公開分」があるとしたら、「未公開」と書くはずですからね・・・。

(2)徹底討論!記者座談会・特別編→「特別編」と銘打つなら、当然スペシャルゲストが欲しいですよね。かりにゲストの登場があるとして、ただ、カメラマンと記者は揃っているので、矢口さんや長久保さんを呼んでしまっては、「後輩」が自由に発言できませんし、他社さんから呼んでほしい。スケーターやテレビ関係者はやめてほしいかな・・・。

(3)現地取材 北海道厚真町への思い→厚真町と言えば、ハスカップの山口農園さんですよね。おなじ「山口」つながりで、取材のオファーを出していたのではないかと。デパートなどの各種物産展がほとんど自粛になっているはずなので、いまは大変かと思います。これ、「コロナ後」だったら、現地取材は厳しいはずなので、2月にはこの企画は動いていたのですね・・・。楽しみです。

(4)ファイナル&全日本の「意味」と「意義」→この2つの試合については、まだ私も、あまり演技を見る気にならんのですよ。昨日貼った、4Aの練習動画ぐらいですよ、前向きに見ることができるのは・・・。この話は、座談会でも出てくるでしょうが、別枠でわざわざ企画記事にすることに意味がありますよね。「4CCへのプログラム変更の契機になった」というだけなら、私たちも散々議論しているので、新しい視点が生まれることを期待しています。

気になる記事はこんな所ですね。ステイホームで頑張りながら、発売日を待ちましょう。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. ととちゃん より:

    目次を見てあれこれ想像するの、楽しいですね。本を手に取るまでのお楽しみですね。

    座談会、他に相応しいゲストを考えてみたんですが、記者さん(取材者でありライター)もカメラマンさんも揃っていますし、その他となると思い浮かびません。司会進行を別に頼んで、山口さんがガンガン発言されても面白いですね。

    私も特に全日本は駄目です。先日記者会見動画がフジからアップされたようですが、無理でした。マガジンが明るい側面にスポットを当ててくれたらいいなと思います。
    とにかく、ほぼハズレなしと思っているので本当に楽しみです。

    • Jun より:

      ととちゃん さま

      特に座談会は注目ですよね。もし、メンバーがいつもの御三方のままであれば、もうひとつの可能性としては、「かなり広いタイムスパンで自由に語り合う」という主旨だから「特別編」と銘打ったのではないかと。

      むしろ、こちらの方が内容的には面白くなるかもしれません。アッと驚く秘蔵ネタが飛び出してくるかもしれません。いずれにしても楽しみですね!