鍵山・佐藤リモート対談(2020.6.15/16)

鍵山・佐藤リモート対談(2020.6.15/16)

この対談自体は、5月21日に実施されて、翌日の「Live News α」で放送された内容に未公開映像をプラスして、6月に動画としてアップされたようです。カットされたのは、おそらく下の鬼滅の刃のイラストかな?いくら大人気作品とはいえ他局なので、無理じゃないかな・・・。

前編では、緊急事態宣言が出ていた頃の「自主トレ」について、二人が語ってくれています。駿君は、スケ連主催のバレエのリモートレッスンや、バランスボールでのトレーニングを取り入れているとのこと。もともそ所作にはしなやかさのある選手ですが、先日のシニア合宿の映像を見ても、すでに効果は出ている印象です。

鍵山君は、体幹トレーニングやランニング、そして縄跳びの4重跳びの話はビックリでした。3重跳びにかなり余裕が出てきたので、4重跳びを試したら、1回回れたとのこと。凄い!ちなみに、駿君は2重跳びもできないそうです。それぞれ、持ち味があって面白いです。

後編は、自粛期間のプライベートの話。出歩くわけにいかないので、やはりインドアの趣味の話が中心です。

駿君は、友人とサッカーゲームなど、様々なゲームでリフレッシュ。

そして、鍵山君は「絵を描いていた」と、スケッチブックの作品を披露してくれました。鬼滅については、私も全巻揃えていますが、この伊之助はかなり上手だと思います。ただ、男性キャラなら、炭治郎とか、富岡さんとか、煉獄さんとか・・・たぶん鍵山君はこれらの重要キャラも描いているとは思うのですが、あえて伊之助を公開するところが面白い!でも、このキャラは通常はほとんど猪のマスクをかぶっているので、できれば猪バージョンも見たかったな・・。

そういえば、こういうテレビ局管理のYouTube垢にしてしては珍しく、コメント欄が開放されてるんですね。その割に、鬼滅に言及したコメが無いのはビックリでした。作者は女性ですが、けっこうバトルの描写が激しいので、特に大人の女性は抵抗あるかもしれないですね。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. みつばち より:

    こんにちは 更新ありがとうございます。

    「鬼滅の刃」はストーリーをよく知らないのですが、息子(94年生まれ)にあの女の子(妹?)はなぜ口に巻物をくわえてるのか、と聞いたところ鬼の能力を封じるため、との説明でした。

    盗撮するゲス週刊誌の記者ども、それを載せるご立派な出版社にも巻物食らわせてやりたいです。

    • Jun より:

      みつばちさま

      鬼滅は、基本的には少年漫画です。何に似てるかというと、第3部ぐらいまでのジョジョに近いかなと思いますが、女性が描いているので印象は違うし、大正時代という時代設定もまた独特です。

      ブラックジャーナリストの暗躍も、実は今更?という感じがします。コロナで記者を雇うカネにも困っているのでしょう。そして、新政権誕生もあって、大して話題にもならず、そのまま忘れられていくだけですな。

  2. Sennin より:

    あー面白かった!Junさんが記事にしてくださるからみますけど普通だとスルーかな?

    駿くん少し背が伸びてイケメンになりましたね?優馬くんはお母さんに似ているのかな?お父さんが若い時は顔がシュッとしてて素敵でしたもんね。この2人面白いわ
    駿くんは素直ないい子だなあ 時々結弦くんが中学の時の言葉を使いますね?仙台のスケーターが使うのか?仙台弁とは違うけど親しみやすいなあ
    優馬くん絵が上手いね!鬼滅はサッパリわかりません。私は子供のころから漫画も興味なくて…。
    駿くんクラッシックバレー?仙台時代も習ってたのにねえ、2人とも自粛期間を有意義に過ごされたんですね?

    • Jun より:

      Senninさま

      最近になって鍵山君はやや推されていますが、基本的には二人ともに関東のスケーターとして地道に頑張ってきましたから、日本国内の状況はよく分かっているはずです。

      べたべたツルむことなく、敵対することもなく、アスリートとして切磋琢磨し合う関係というのが分かります。将来、間違いなく日本男子を引っ張る存在ですから、怪我無くがんばってもらいたいですね。