世界ジュニア(女子SP)感想

世界ジュニア(女子SP)感想

リザルトは「こちら」。フィギュアスケート速報さんは「こちら」で。滑走順に、個人的に注目している5選手をピックアップしておきます。

川畑さん。57.65の9位。うーん、いい演技だったんですけどね。3Lz-3TのセカンドのURは、プロトコル上でそう表記されているのだから、グリ降り気味に見えなくもないですが、ちょっと厳しいのでは?3Fはアテンションじゃなくて、エラーですか・・・。全日本ジュニアではエラー、全日本でもアテンション判定だったので、このフリップは鬼門ですね。がんばって矯正してもらいたいです。

横井さん。51.61の18位。チャレンジカップのSPでは、冒頭の3Lzがパンク、後半の3Fは転倒でのコンボ抜けだったんですけど、このショートでは、転倒したルッツはともかく、フリップにセカンドをつけられなかったですかね・・・。コンボ抜けは大きく減点されるので、これは痛すぎます。

この記事がアップされる日には、すでに競技は終わっていますけど、フリーは開き直って最高のオペラ座を見せてもらいたい!彼女ならやってくれるでしょう。

シェルバコワ。72.86の1位。昨年末のロシアナショナルから、SPの3Lzのセカンドをループからトウに変更して、ナショナルで優勝、ロシアカップファイナルで3位と成績が安定するようになりました。その戦略の正しさが今大会でも証明されたことになりますね。

まぁ、いつ見ても際立って細いのは気になりますが、彼女が悪いわけじゃないし、「いまを全力で生きる!」ということなのでしょう。よくトゥルソワと一括りにされますが、柔らかな所作と爽やかな笑顔が素敵で、個人的には彼女の方が好きなスケーターです。

白岩さん。62.08の6位。採点に時間がかかっていたので、あそこでスピンのレベルを下げられたんでしょうね。3FのURはギリギリかな・・・という感じもしますが、むしろ不安だった冒頭の3Lz-3Tをしっかり見てもらった上で、回転不足が無かったことは良かったなと。減点があった割に、スコア自体は悪くないと思います。

ランビさんがキスクラにいるのは、おそらくコーチ変更ということではなく、岳斗コーチがユニバに同行していて、濱田先生はさいたまワールドの準備で、代打ということなんだと思います。スイスに移籍したら、クラウドファンディングのお金がすぐに無くなっちゃいますよね!

トゥルソワ。72.49の2位。驚きました。2位になったのが驚きという意味ではなく、彼女が3Lz-3Tに切り替えた点についてです。ロシアジュニア選手権のSPで、彼女はこのジャンプを転倒して7位スタートだったんですが、それ以外の試合で彼女がこのジャンプをミスしたのは、ちょっと私は記憶にありません。ちなみに、ジュニアナショナルのフリーではこのジャンプは成功しているので、「跳べなくなった」ということではないにしろ、SPで出遅れないために「堅く」ということなのでしょう。

このレビュー自体は3/9(土)に書いているので、最終結果がどうなっているかは分かりません。日本女子の3枠は心配していませんが、3人みんなが納得できるフリーを披露してもらえればなと思います。

では、また明日!

Jun

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
スポンサーリンク
レクタングル(大)

コメント

  1. sennin より:

    そうでした、岳斗先生はユニバシアードでした。うっかりですみません。それにしても誰かいなかったのでしょうかねえ。ランビは友好的でも白岩さんはチョット遠慮がちでしたよね?もう少し白岩さんにも手をかけて欲しい気がします。演技の方は、私には文句なかったように見えました。このプロいいですね〜、白岩さんの得意分野にして欲しいくらいです。もうチョットスコアが出てもよかったように感じました。

    川畑さんの方も厳しい判定のような気がしました。フリップは苦手なんでしょうかね?身体能力もある選手らしいですね。

    横井さん失敗して終了後すっかりしょげてて可哀想になってしまいました。ショートよりフリーの方が得意ですから頑張って欲しいです。

    私もシェルバコワが好みですね。笑顔も可愛らしい。やはり強いですね。二人共ジャンプの構成変えたんですね?気がつきませんでした。トゥルソワもスケーテイングが綺麗になってきたように思います。

    • Jun より:

      senninさま

      たしかに、白岩さんがやや距離を置いていた感じに見えました。もしかしたら演技よりもキスクラの方が緊張していたかもしれないですね!

      川畑さんだけでなく、例えば荒木さんもそうなんですが、どんなに突出した魅力を持っていても、肝心のジャンプを決めきらないと、大きな結果は残せないですよね。
      このレベルの選手なのだから、練習はたくさん積んでいるはずですが、それを本番でできるかどうかというのは、メンタルマネージメントも含めて、また別の才能が必要な気がします。

  2. Noritama より:

    ジュニアのSPでは単独のジャンプが指定されているので(今シーズンはフリップ)横井さんがLzで転倒した時点でコンビネーションはできないことになります。なのでLzで転倒した時点で速報でLz+COMBOと表示されGOEはオール-5となってしまっています。シニアよりもある意味厳しいルールですね。

    • Jun より:

      Noritamaさま

      わざわざご教示いただきありがとうございます。
      私の中で曖昧なままになっていた部分でしたので、正確な情報で補足していただき感謝申し上げます。